• 子宮筋腫という名前からもお分かりいただけるかもしれませんが、子宮筋腫は子宮内にできる腫瘍のことを、総じて子宮筋腫と呼んでいます。

    腫瘍のひとつではありますが、良性の腫瘍なので、ひとの命に関わるようなものではありません。

    しかし、中には大きくなりすぎて子供が産めなくなってしまったり、生理不順になってしまったり、何かしらの弊害を伴うこともあります。

    これらの腫瘍が大きくなる原因は、女性ホルモンの影響を強く受けていることがおおく、閉経を迎えるとやがて小さくなり、人によってはそのままなくなってしまうことも、もちろんあります。

    子宮内のどこにできるのか、によって呼び名が変わりますし、また複数個出来ていることもままあり、命には関わりは無いものの、大事に至るまでには治療をしておきたい病気の一つとして考えられています。

    女性に発症する病気としては、かなりの頻度で発見されている病気で、主だった症状も少ないこともあって、発見が遅れることが多いと言われています。

    子宮筋腫は腫瘍のひとつと申し上げましたが、では、腫瘍とはいったいどのようなものなのでしょうか?

    簡単にいえば、本来ならそれぞれの体組織にあわせた細胞が作られるところを、異常な状態で組織が形成されてしまったもの、という認識が一般的です。

    そしてこの腫瘍には大きく分けて二種類あり、ひとつは悪性腫瘍で、もうひとつは良性腫瘍と言われています。

    悪性腫瘍に分類されるものの多くは、通称「ガン」

    と呼ばれているもので、大きな特徴としては、他の体組織を破壊しながら成長を続け、比較的早く膨張していきます。

    一度手術などで取っても、再発する危険性があり、宿主への影響も非常に大きなダメージを与え続け、やがては死に至ります。

    しかし、良性腫瘍の場合は発育の遅さや転移のなさ、除去した場合の再発頻度のすくなさから、身体への影響もあまりないことが特徴です。

    もっと詳しく子宮筋腫について紹介しているウェブサイトはこちらになります。

    子宮筋腫についての詳細を知りたいならここ

    是非お立ち寄りください。